のどの病気|栃木県茂木町の耳鼻科ならさとう耳鼻咽喉科クリニック

専用駐車場30台分完備
0285-64-3341
ご予約はこちらから

のどの病気

のどの病気について

イメージ

のどは食べ物を食道や胃に送り込む役割と、肺に空気を届け、また言葉を発する役割を担っています。また、口から入ってきた細菌やウイルスの侵入も防いでいます。どの働きも、とても大切です。

のどの痛み、咳や痰、のどの異物感、声がかすれる、のどのつまり感・違和感、呼吸がぜいぜいするなどの症状が現れましたら、ご相談ください。

ここでは、代表的なのどの病気についてご説明いたします。

扁桃炎

扁桃炎とは口蓋垂の左右に一個ずつある口蓋扁桃に、ウイルスや細菌による急性の炎症が起こる病気です。

症状
風邪のような症状(高熱や寒気、頭痛、全身の倦怠感、関節痛)と強い咽頭痛が現れます。のどの奥を見ると、両脇が赤く腫れているのが観察されます。
検査
症状を把握し、扁桃の状態を観察します。血液検査では、白血球の増加や炎症の程度をみるCRP(C反応性たんぱく:炎症や組織細胞の破壊が起こると血清中に増加するたんぱく質)などをチェックし、さらに脱水の状態をみるために尿検査をします。適切な抗生剤を投与するために、扁桃の細菌培養検査を行うことがあります。
治療
ウイルス性の扁桃炎の場合は、一般に風邪をひいた時と同様の治療を行います。解熱剤を服用し、よくうがいをし、安静にすることで、通常は1週間程度で治ります。
細菌性の扁桃炎の場合には、抗生剤の投与が標準的な治療で、症状をやわらげるために解熱剤や消炎鎮痛薬、うがい薬などを処方します。

のど、声の異常

のどの使い過ぎによる一時的なのどや声の異常は心配無いのですが、そうした状態が数ヶ月も続く場合や、徐々に進行する場合、また反復して起こる場合などは、原因を特定するために、耳鼻咽喉科医にご相談ください。扁桃炎や咽喉頭炎、気管支炎など、よくみられる、のどの病気から、声帯ポリープや悪性腫瘍、ぜんそく、アレルギーなどが関連しているケースもあります。脳・脳神経の変性疾患や腫瘍などで、のどの感覚異常・運動障害が生じていることもあります。
とにかく原因は様々であり、場合によっては喉頭がんなど、重い病気のシグナルであったりもしますので要注意です。

喉頭腫瘍

喉頭は、嚥下(飲み込み)・発声・呼吸機能など、多くの機能を担っている器管です。ここに腫瘍ができると、声がれ、のどの違和感、嚥下障害、呼吸しづらいなどの症状が現れることがあります。ここでは、喉頭腫瘍のなかから喉頭ポリープ、白板症、喉頭がんを取り上げて説明いたします。

喉頭ポリープ

声帯に生じた腫瘤(ポリープ)のことで、通常は片側に発生します。ポリープの大きさは様々です。カラオケ、演説などの急激な発声が誘因となり、声帯の粘膜に出血が起こり、血腫がつくられることを繰り返すうちにポリープが生じると考えられています。

症状
声がれが主な症状ですが、のどや発声時の違和感、痰がからむなどの症状が現れることもあります。
検査
喉頭鏡を用いて調べます。組織を一部採取して検査することもあります。
治療
ポリープが小さければ、声を使い過ぎないようにしたり、禁煙したりと、のどを安静にしているだけで数ヶ月以内に自然に治ることもあります。炎症を抑えるために、ステロイド薬や抗ヒスタミン薬が用いられる場合もあります。こうした治療に反応しないようなら、顕微鏡下の手術によりポリープを切除します。

白板症

口の粘膜の表面が硬くなり、白く変色した状態です。
主な原因は、喫煙による刺激、義歯が当たるなどの慢性的な刺激、過度なブラッシングによる擦過刺激などが挙げられますが、原因不明なケースも少なくありません。ビタミンAやBの不足や体質が関係するとも言われます。

症状
粘膜が部分的に様々な程度の白色になります。表面は平滑だったり、しわ状だったりします。紅斑が混在したり、隆起したりする場合もあります。
検査
組織の一部を採取し、組織学的検査を行います(生検)。
治療
がん化する可能性のある場合は、外科的に切除します。ビタミンAなどによる薬物療法が行われるケースもあります。

喉頭がん

喉頭にできた腫瘍のうち、悪性のものを喉頭がんと言います。喉頭がんは、中高年の喫煙男性に多くみられます。

症状
喉頭がんの初期にみられる症状は、なかなか治らない嗄声(させい:声がかすれること)や血痰です。多くは痛みを伴いません。声帯ポリープなどでも嗄声はみられることがありますが、低いガラガラ声や雑音の混じったざらざらした声になるのが、喉頭がんによる嗄声の特徴です。
検査
視診や喉頭内視鏡検査を行い、疑わしい場合には生検による病理検査をします。治療方針を決めるにあたっては、頸部エコー検査やCT検査などの画像検査を行います。
治療
喉頭がんの治療は、腫瘍が小さい時には放射線療法が中心ですが、腫瘍が大きい場合には、喉頭全摘出術といって、声帯を切除する手術が必要になります。ただ、最近では抗がん剤と放射線を併用した化学放射線療法を行うことが多くなっています。喉頭全摘出術を行うと、術後に声を出せなくなりますが、「食道発声」という特殊な発声方法や、「電気喉頭」を用いて発声する方法があり、声帯の代用が可能です。

口腔乾燥症(口の乾き)

唾液の分泌が低下して、口が異常に乾いた状態のことを言い、“ドライマウス”とも呼ばれます。

症状
軽度では主に口の中のネバネバ感、ヒリヒリ感が生じ、虫歯が発生し、歯垢を増加させ、口臭も強くなります。重度になると、唾液分泌量が低下し、口腔内の乾きが進行し、強い口臭、舌表面のひび割れ、痛みによる摂食障害、会話しづらいなどの障害も現れます。場合によっては、不眠をきたすこともあります。
検査
問診、唾液量、X線検査などを行います。血液検査を加えることもあります。
治療
治療としては、生活指導や対症療法が中心となります。保湿性薬剤、保湿力の高い洗口液、保湿ジェル、夜間の乾燥を防ぐ保湿用マウスピース、夜間義歯などを症状に応じて処方、投与します。積極的に水分を補給するように心がけるのも、有効です。

こんな症状はご相談ください

  • のどが痛む
  • のどに違和感を覚える
  • のどの腫れ
  • のどにつまり感・違和感がある
  • 口が乾く
  • 口臭がある
  • 咳が出る
  • 呼吸がぜいぜいする
  • 声がかすれる
  • いびき、睡眠時の無呼吸がある など